HOME > メール顧問  > 簡易顧問業務
  メール顧問
   - 会計業務
   - 申告業務
   - 会計相談業務
   
  Aメール
   − 会計業務
   − 申告業務
   − 会計相談業務
   − 追加オプション
 
  Bメール
   − 会計業務
   − 申告業務
   − 会計相談業務
   − 追加オプション
   
  簡易顧問業務
   − 会計業務
   − 申告業務
   − 追加オプション
   
  業務報酬表
   − メール顧問概算
   − 簡易顧問概算
   − オプション概算
   

青木公認会計士事務所
〒333-0847
埼玉県川口市
芝中田2-1-6
TEL : 048-264-3955
FAX : 048-264-3956


 

当事務所と顧客先との顧問関係を最もシンプルにした顧問形態です。

メメールや電話などを利用するため当事務所スタッフと直接会う必要が無いので訪問時の日程調整の
必要もなく、わざわざ時間を取って頂く手間がありませんので、時間の節約が出来ます。
従って簡易顧問の場合、一般顧問とは異なり、特定の担当者が顧問先を担当することはありません。
簡易顧問の場合は、個人事業に限定しています。
以下の@会計業務A申告業務の2つに絞り込んだ最もシンプルな形となっています。

@会計業務
顧問先には、領収書や売上伝票、仕入伝票などの原始資料を当事務所まで宅急便で送付して頂きます。
当事務所は、顧客先から送付された必要書類を元に、損益や財政状態を明らかにする試算表を作成します。
試算表を作成する上で、当事務所から何らかの質問がある場合には、FAXにて質問事項を送りますので
解答して頂く事で試算表が完成します。

A申告業務
会計業務で作成した試算表を元に確定申告書を作成します。
決算申告作業にあたり、当事務所から必要な資料の提出や質問などがある場合には、指定する期日
までにご提出及びご返答をお願い致します、
期日を経過したり、未提出及び未回答の場合は、決算申告作業が大幅に遅れる可能性があり、申告書
の提出期限までに申告書を提出する事が出来ない場合も生じます。
作成された個人確定申告書を宅急便で送付しますので、必要な署名及び押印して頂いた後、
当事務所が指定する期日までに返送して頂きます。
返送されてきた個人確定申告書を所轄税務署へ提出し、税務署受領印を受けた
確定申告書を顧問先に送付いたします。


追加オプション業務としては以下のものがあります。

A:会計相談業務

顧客先が現金出納帳の作成や会計シートを記入する際など会計帳簿を作成する場合の相談に応じます。
上記の相談に関わる質問事項はメールや電話、FAXで当事務所がお答えさせていただきます。

B:給与源泉事務及び年末調整事務
役員報酬および給与賃金などの源泉所得税を計算し、源泉所得税の納付書の作成をします。
また年末において各人の所得税(年税額)を計算し、給与などから差し引かれた源泉所得税との調整
を行い、還付額もしくは徴収額を計算します。
当事務所が指定する用紙に給与額や社会保険料(健康保険及び厚生年金)と雇用保険料を記入し、
当事務所が指定する期日までにFAXして頂きます。
顧問先からFAXして頂いた資料から、源泉所得税額を計算し、FAXにて顧問先へ返送します。
源泉所得税の納付期限までに納付書を作成し、郵送にて送ります。
また年末調整時においては、年末調整に必要となる資料をFAX致しますので、当事務所が指定する
期日までに当該資料を宅急便などで当事務所まで送付して頂きます。
送付して頂いた年末調整必要資料と12月の給与額などが判明した後に年末調整の計算を致します。
年末調整で計算された各人への還付額や徴収額は一覧表にして翌年の10日までに納付書と
合わせて郵送致します。
指定する期日までに顧問先からのFAXや必要資料が届かない場合、源泉所得税の計算が遅れ、
年末調整の計算も遅れる可能性があります。
その為納付書の作成が納付期限までに出来ない場合もありますので、当事務所の指定する期日には
十分注意して下さい。

C:税務相談
法人・個人事業の日頃のちょっとした税務に関する相談を受け付けます。
メールとFAXのみで質疑応答を致します。

D:特殊税務相談
法人・個人事業におけるコンサルティング的な税務相談を受け付けます。
基本的にはメール及びFAXで質疑応答を行いますが、案件によっては当事務所に
お越し頂くか、当事務所の専門スタッフが顧問先に訪問してコンサルティングを行います。